四辻日記
2019.04.05

【林業の求人・未経験可】京都や京北の山林を次世代に繫ぐ仲間を募集!


山で待つ!四辻木材求人情報

こんにちは!四辻木材の四辻誠悟です。

突然ですが、みなさんにお知らせがあります。大きな声で言いますね。

「山で一緒に仕事しませんかぁぁぁぁぁ〜!!!」

「山で一緒に仕事しませんかぁ〜!?」

と言うことで、今回は四辻木材の求人募集をさせていただきます。

ちなみに、みなさんは「“山の仕事”と聞いてどう思われていますか?」

・かなり肉体的にキツい仕事。
・ドロドロになってキタナイ仕事。
・とてもキケンな仕事。

こんな風に(3K=きつい・汚い・危険)と言われ、最初から若い人たちに“山の仕事に必要な能力がない”と思われ、就職先の候補に上がらないことは承知です。

ならば、最初に“山の仕事をする上で必要な能力とは”何が必要かご存知ですか?

・運動神経や体力 → 関係ありません。
・道具を扱う技術 → 関係ありません。
・自然が好き → 全く関係ありません。

まず必要なのは、
“マニュアルの普通自動車免許”です。

↑これ高校を卒業して大勢の方が持っている免許です。

本当にコレだけ???そうですよ。私自身も働き出したころは、マニュアルの普通自動車免許しかありませんでしたし、それに山の仕事に必要な体力や能力は、後からなんぼでもついてきます。

私たち四辻木材の仕事と考えていること

簡単ですが私たち四辻木材の仕事について説明します。

京都京北には北桑木材センターという市場があります。

京都の京北には北桑木材センターという市場があって、ここには全国に向けて木を売れる環境が整っています。

四辻木材は、山を持っておられる山主さんから、山に立っている木を買わせてもらい、伐採して丸太を市場まで運び出すことです。

いわゆる“素材生産業(そざいせいさんぎょう)”という業種の仕事になります。

今、日本に立っている木の半分以上が、戦争で建物が焼けて無くなった後、復興のために植えられた杉や桧で、70〜80年という状態の木です。

木の年齢が70〜80歳で、今も1年ごとに一本一本が太くなっています。

実は1年間で日本全国の市場に流通する木の量に対して、1年で木が太る量がはるかに多いんです。

簡単に言うと、山に在庫があまっていて、さらに増え続けている状況です。

木は倒れてしまったらどうすることもできません。

これなにが怖いかというと、山に立っている木は、人が植えたものなので、放置しておくといつかは倒れます。

木を植えはった人は、その山主さんのおじいさんやその先祖の人たち

管理をされずに、在庫を使いきれなくて溢れ出してしまった山の木は、次から次へと倒れていきます。

倒れる前に、先祖が育ててこられた木をなんとかして生かしたい!

植えはった人は、山を持っておられる山主さんのご先祖たち。

その人たちが亡くなった後の未来(現在)の家族のために、気張って手入れしされてきた山の木たちです。

現在ここにいる私たちが大事な木を買わせてもらい、伐らせてもらっています。

京北の静かな山の中

私たちが山から出した木が、市場を通じて日本中へ出荷されて行く。

伐採した後は、私たちは山主さんの意思を尊重して、

木を切った後は、木を植えて、手入れして、育てています

木を植えて、手入れして、これからの未来に使ってもらえる木を育てています。

地元に利益を還元して、次世代に山をつないでいくこれが四辻木材の現在の仕事です。

『地元で利益を循環、次世代へつなぐ林業。』

地元に利益を還元して、次世代に山をつないでいく。四辻木材

これが四辻木材の現在の仕事です。

「ウソはつけません」山の仕事は確かにしんどくて危険です

道なき山道を重い仕事道具を背負いながら登っていくのは、確かにしんどくキツいです。

あなたと一緒に山の中で働く仲間も同じ人間なので、あなたがしんどい時、同じようにしんどいし、汗だくで休憩します。(私は季節問わず汗だくですが)

この汗は、山で働いた仲間でしか分かりあえません。ただほんまに気持ちいいです。

雪の中チェーンソーを持って作業

木が倒れてきて怪我をしたり、獣に出会って必死に逃げたこともありました。

そして、何より山では重機など機械を使うので、取り扱いには細心の注意を払わなければなりません。

チェンソーを始め、

木を切る際は気はゆるめられません

木を伐る際は、気をゆるめられません

小さな重機や大きな重機を使ってトラックで運ぶ。こうやって山から木を伐採して出してくるには、機械の力が必要です。

山の中での作業風景小さな重機から大きな重機まで扱います。

山から木を伐採して出してくるには、機械の力が必要です

重機を手足みたいに操って、山の土や木をイメージの形にして安全に仕事進めていく

これらの重機を操るのも、人間の感覚です。

自分の手足のように操って、山の土や木を想像して、安全を最優先に仕事を進めていく。この感覚は、子供のころ真剣になって遊んでいた感覚に近いかもしれません。未経験の方は1つずつ扱えるようになってもらいますし、もちろん経験者は大歓迎です。

これからの10年を見据えた取り組み

この先10年、理念の通り『地元に利益を還元する』林業で次世代へ繋ぐようにしていきます。

今年度から始まった森林管理法によって、世の中の動きが変わってきます。(所有者不明の山や、持っているけど手入れも出来ないという山主さんの山を、市町村が引き取って管理していくという法制度です。)

私たちは、その管理する業務を担う『意欲と能力のある事業体』になりました。これはまだ動き出したばかりですが、私たちにしかできない仕事をして次世代へ山を繋いでいきたいと考えています。

それとは同時に私個人として、

三代目を目指す四辻誠悟が個人的に10年を見据えた取り組み

四辻木材採用担当の四辻誠悟です。

四辻木材の三代目を目指す私ですが、あまり賢くなく、視野も広くありません。

ですが、

これから京都市唯一の原木市場のあるこの小さな経済圏で、時代に対応しこの会社で挑戦していくためにも、私が行なっている10年後への取り組みの1つは情報発信です。

・京都・京北の田舎に興味があり関わる人たちに、山林のことをもっと伝える。
・山主さん(未来の山主さん)の山の木が、価値を生むためのご提案をしていく。
・京都の山と日本の作る人が繋がって、新しい仕事や価値を作る。

これも私の大事な山の仕事ですし、この求人募集も情報発信です。

「さぁ〜!山で一緒に仕事しませんかぁ〜!?」

私たちと山の中を駆け回って、一緒に山で食っていきましょう!

私は将来親方になることを目指し、新しく入ってきてくれるあなたを待っています。

京都・京北の四辻木材の募集要項

私たちと一緒に未来の山で生きていく仲間をほんまに募集しています!京都の林業に関心のある方はご応募ください。(※気になることは遠慮なくご質問ください。)

【職種】 山林内での林業作業全般
【雇用形態】 正社員
【給与】 日当月給170,000〜
※給与は試用期間中の給与です。
(研修制度を導入していますので、研修による免許各種取れます。その後、能力と経験で昇給)
【待遇・福利厚生】 ・昇給制度あり 年1回
・賞与あり
・保険(健康保険、労災保険)
・年金(共済年金、企業年金等)
・子育て、資格支援、研修、免許各種講習
【仕事内容】 山林内での林業作業
・立木調査
・現場設計、準備、施工
・伐採、搬出
・植林準備、植林
【勤務地】 京都府京都市内全域、右京区京北、南丹市美山町等
【勤務時間】 8:00~17:00(休憩時間 12:00〜13:00)
【休日休暇】 週休1日制(日)、雨天時休み
夏季休暇、年末年始、慶弔休暇、特別休暇
【応募資格】 普通自動車免許(MT)
※中型トラック免許あれば尚可
【選考過程】

まずはお電話(080-2500-5409)、もしくは「応募フォーム」よりご連絡ください。採用担当の四辻誠悟より連絡させていただきます。

 ↓
書類選考
 ↓
面接
 ↓
採用(試用期間3ヶ月あり)

お電話でお問い合わせをいただく場合は、ダイレクトで私につながるのですが、日中は山の中にいることが多いので、つながりにくい場合がございます。

・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
・選考プロセスは変更になる可能性があります。
・不採用理由についての問い合わせにはお答えできません。
・状況によって募集終了することがありますのであらかじめご了承ください。


この記事がよかったら
“いいね!”してもらえると嬉しいです
四辻木材の最新情報をお届けします

Twitterでもつぶやいています!

四辻木材のTwitterをはじめました

【求人・未経験可】京北の山林を次世代に繫ぐ仲間を募集します!

【求人・未経験可】京北の山林を次世代に繫ぐ仲間を募集します!詳しくはこちら

【100%京都・京北産】薪ストーブ用の薪が販売開始!木材市場の新サービスを紹介

【木材市場の新サービスを紹介!】薪ストーブ用の薪についてはこちら

【エリア限定】こんもりしたお庭の木を、日当たり良く“スッキリ!”しませんか?

【伐採エリア限定】お庭や敷地内の木でお困りの方は、ぜひご相談ください。

プロフィール

四辻 誠悟プロフィール

四辻木材 四辻 誠悟
祖父の代から京都で林業を営んでいます。
プロフィール全文はこちらからどうぞ

Facebookもやっています

Twitterはじめました

最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 四辻木材のYouTube