四辻日記
2022.12.05

【キコリが語る】山であった不思議な話(2)「雪山に登っていったお坊さん」


こんにちは、キコリ社長のよつつじせいごです

長く山の中で仕事をしていると、ときどき不思議な事に出くわします。その中でも印象に残っていることが4つほどあるので、少しずつ書いていきます。

前回はSNS上でたくさんのいいね!やコメントをいただきました本当にありがとうございます。

意見を書いていただいたり、同じような境遇の方もおられました。今回も不思議な話をお届けしますので、遠慮なくコメントをください!

それでは、2つ目のお話は「雪山に登っていったお坊さん」です。

大雪に見舞われた年末年始

ある年の冬のことです。

年末から続く積雪1メートル近い大雪に見舞われ、地元の京北各地で倒木による電線の断線が相次ぎ、私たちの現場への林道も倒木で大変なことになりました。

山の木が折れ、道を塞いでしまい、現場にいけない状態

午前中に倒木処理を終えて、現場まで雪かきをしながら、なんとか林道にトラックが通れるくらいになりました。

綺麗に道路を整備

この写真を撮った次の日、今回の不思議な出来事が起こりました。

雪山を登ってくるお坊さんらしき人

現場作業中、午後2時くらいだったでしょうか。歩いて林道をあがってくる人が見えました。

遠くから見ると髪の毛はなくまるでお坊さん?のような風貌をされています。

どんどんこちらへ近づいてくるので近くでみると、白い肌で剃髪して少し伸びた坊主髪、高校生のような薄い無精ひげを生やしています。

この雪と寒さの中で、帽子は被らずに、ホームセンターとかにあるの安い感じのジャンパーで、上半身は前全開していて、中には作務衣(さむえ)のような白い服が見えています。

ズボンは洗濯を重ねた紺色のジャージで、家着のように毛玉がついており、長靴にインしています。(足がボトボトに濡れる履き方)

到底、雪山へ行くような装備ではなく、一言で言うと、服装は「家の裏にストーブの灯油を入れにいってくる」ような格好です。

そんな服装の男性が、ゆっくりと歩いてこちらへ近づいてきます。

私たちの作業現場までは、雪かきしてきたのでアスファルトがなんとか見えるのですが、その現場から先は積雪が30センチ以上の続くので、普通の人なら諦めて引き返すでしょう。

それなのに男性は私たちにも、目の前を無関心で歩き去ろうとします。

私は居ても立っても居られなくなり、気になって呼び止めました。

あの・・・、どちらへ行かれるんですか?この先は、雪で行けませよ?
あ、はい・・・上にちょっと(用事あるのか、目配せして)・・・ありまして・・・はい・・・。

ギリギリ聴き取れるくらいのかすれた小さな声で答えてくれました。

え!こんな雪やのに・・・!?

私は理解ができずに言葉つまりました。

用事があるってこんな大雪の中で何をされるんですか?風邪引くので帰った方が良いですよ。

私は彼を見ていたが、彼から私に視線は合わせません。

狩猟の人か?ならば、銃を持っているでしょう。手ぶらで何も持っていません。

拝みに?ここの現場は古戦場でもあり、戦国時代に明智光秀勢に滅ぼされた地元豪族・宇津氏のお城跡あります。もしかしてそれ関係なのか?

それでもさすがに寒いやろ?防寒をもっとしないと絶対にあかんやん?できるなら夏に上がって拝んだらええやん。

考えたくはないが、他の可能性?まさか、それはないやろ。

一瞬頭によぎりとてもじゃないが言葉につまってしまいました。聞こう思ったら、、、

「木〜倒すぞ〜〜〜!!!」

と、仲間の大声が聞こえ、重機で移動、現場がバタバタしだしました。

話を一旦中断して、彼はそのまま歩くの再開、振り返れば山を上がっていく後ろ姿だけが見えました。

私でさえヒートテック2枚、厚手の上着、ヤッケ、ダウンを着てもガタガタ震えていました。

彼は薄着でどんどん山の上の方に消えていきました。

風が出てきて吹雪はじめて、あたりは薄暗くなりだしたのになぜ山へ登るのでしょうか。

そのあと私は彼の姿を見ていません。

近所の人にもこんな人がいたと話をして聞いてみましたが、そんな人は知らないという話でした。

ニュースもなっていませんが、あの人は何をしに、何もない雪山に軽装で登っていったのか?

いまでも疑問のまま理解ができずに、私しか知りません。

もしかしたら私が見なかっただけで、修行か訓練で「あ〜さぶ!!」いうて、急いで降りてきてお風呂バッシャ~ン入られたのかもしれませんが、私たちの想像以上の不思議な出来事が、この山の中では起こっているのかもしれません。

お宿の最大の特徴はその名の通り五右衛門風呂!

信じるか信じないかは、あなた次第です。本当に不思議な日でした。

その他の「山であった不思議な話」もあります。

こちらもあわせてご覧ください。


この記事がよかったら
“いいね!”してもらえると嬉しいです
四辻木材の最新情報をお届けします

Twitterでもつぶやいています!

四辻木材のTwitterをはじめました

キコリはどうやってお金を稼ぐの?私たちの3つのサービスを説明します!

弊社の3つのサービスをご説明します!

「山の木を買い取ります」と聞くけれど、どうやって見積もっているの?解説します!

弊社では山の木をどうやって見積もっているのか解説します!

四辻木材の事例紹介ページです

四辻木材の施業事例をまとめました。山林の調査から木の伐採、搬出まで行います。

【エリア限定】こんもりしたお庭の木を、日当たり良く“スッキリ!”しませんか?

【出張エリア限定】お庭や敷地内の危険木・支障木でお困りの方はご相談ください。

【100%京都・京北産】薪ストーブ用の薪が販売開始!木材市場の新サービスを紹介

【木材市場の新サービスを紹介!】薪ストーブ用の薪についてはこちら

プロフィール

四辻 誠悟プロフィール

四辻木材 四辻 誠悟
祖父の代から京都で林業を営んでいます。
プロフィール全文はこちらからどうぞ

最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • Facebookもやっています

    Twitterはじめました

    四辻木材のYouTube