四辻日記
2020.08.26

山を伐採したあと放っておけば、もののけ姫の原生林みたいになるんじゃないの?についてキコリが答えます。


山を伐採したあと放っておけば、もののけ姫の原生林みたいになるんじゃないの?についてキコリが答えます。

こんにちは、四辻木材のよつつじせいごです。

いよいよ夏も終わりに近づいてます。それにしても、ほんまに暑い夏でしたね。

これまでに、四辻木材のブログをご覧いただいている皆さまから寄せられた、私たちの林業のことや山林について、ご質問にお答えする新コーナーをはじめます。

今回のご質問はこちらです!

【ご質問内容】

「山を伐採したあと、そのまま放っておけば、もののけ姫に出てくる原生林みたいになっていくんじゃないの?そうなった方が素敵だし良くないですか?」

と聞かれたことがあります。

結論から言ってしまうと、「山を放っておかないで、木を植えてください。」山の持ち主さんのためにも、地元の経済のためにも、地域の水源のためにもです。

【その理由とは】原生林に戻るには、1000年では戻りません

こんなツイートをしました。

私の短いキコリ人生の中でのお話なので、申し訳ないのですが、伐採したあとのこの山の風景は、約15年前からまったく変わっていません。

シキミ、アセビなどの中低木が少しだけ大きくなり、下草は枯れては生えるの繰り返し。

鳥のフンや風にのってきたタネが芽吹いたり、シカが新芽を食べたりを繰り返して、森林になっていきます。

原生林のようになるのは、その後ですよね?果たしていつできるのでしょうか?

現代まで最後に残った原生林が、白神だったり屋久島だったりします。

もののけ姫に出てくるような、原生林まで戻るには、1000年程度では戻りません。

氷河期が約1万年前に終わって、温暖多雨になり、スギが日本中にはえて原生林になりました。

人間の時間感覚では、考えられないほど遠くの時代にやっと原生林ができるのではないでしょうか。

想像もできない未来へ山を放っておくより、今いる私たちが、30〜100年先の子供たちや孫世代の未来のために、山を大きな田んぼや、野菜畑と同じだと思って育てた方が良い。

【私の答え】山に木を植えてください。

少し先の経済になる木を植え、伐採して利用するサイクルを作る方が、産業がうまれるかもしれない。

ハゲ山のママよりも土砂崩れは少なくなるし、なにより持ち主さんの資産になるので、最良だと私は考えています。

「山を放っておかないで、木を植えてください。」これが私の答えです。

この他にも、ご質問にお答えしてますので、こちらもあわせてご覧ください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


この記事がよかったら
“いいね!”してもらえると嬉しいです
四辻木材の最新情報をお届けします

Twitterでもつぶやいています!

四辻木材のTwitterをはじめました

【求人・未経験可】京北の山林を次世代に繫ぐ仲間を募集します!

【求人・未経験可】京北の山林を次世代に繫ぐ仲間を募集します!詳しくはこちら

四辻木材の事例紹介ページです

四辻木材の施業事例をまとめました。山林の調査から木の伐採、搬出まで行います。

【エリア限定】こんもりしたお庭の木を、日当たり良く“スッキリ!”しませんか?

【出張エリア限定】お庭や敷地内の危険木・支障木でお困りの方はご相談ください。

【100%京都・京北産】薪ストーブ用の薪が販売開始!木材市場の新サービスを紹介

【木材市場の新サービスを紹介!】薪ストーブ用の薪についてはこちら

プロフィール

四辻 誠悟プロフィール

四辻木材 四辻 誠悟
祖父の代から京都で林業を営んでいます。
プロフィール全文はこちらからどうぞ

最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • Facebookもやっています

    Twitterはじめました

    四辻木材のYouTube