四辻日記
2022.09.20

京都の山奥のキコリが、チェンソーの寿命についてお話します!


こんにちは、キコリのよつつじせいごです。

これまで大変ご好評いただいている林業の道具紹介シリーズ・チェンソー編です。

今回はチェンソーの寿命とは?についてお話します。

京都駅から北へ50キロの山奥のキコリが、チェンソーの寿命についてお話します!

チェンソー寿命。つまり使用できる期間について話していきます。

補足:こちらの記事はあくまでも私たちが日頃から使った経験を元にお伝えしていきます。メーカーさん、他の業者さんとは違いがございますので、あらかじめご了承ください。

Q.チェンソーって新品で購入してからどれくらい使えるの?

キコリの使い方と一般の方の使い方はまた違いますが

結論から言ってしまうと、約2000時間です。

プロは毎日チェーンソーを使って2年〜2年半で修理or買い替えを検討します。

これは私の周りのキコリさん達の通説で、私の実感でもありますが、毎日使って2年半となると、年間200日で1日平均4時間ずつ使うとして、

年間800時間 × 2年半(300日)= 2400時間

注:タンクトップと素手でチェンソーを扱うのはダメですよ!(写真はイメージです)

2000時間以上使うと、必ずどこか重大な異常が出てきて「修理or買い替え」を検討することになります。

▼チェンソーを使う際は防護ズボンを着用しましよう

一般の方は、チェンソーを使用後しっかりメンテナンスすれば5年以上は使えます

「アウトドアめっちゃ好き!」言ってもチェンソーを使用するのは精々月2回ほどではないでしょうか?

仮に休日に合計2時間使うとして

24回 × 2時間 = 48時間/年

2000時間使おうと思うと、41年という計算になります。

もしあなたがお友達とシェアしても20年と、なかなかの長期間ですので、買い替えるのは人生1回と考えてもいいですね。

購入後のスタッフさんによるアフターケアの優しさ、修理の相談を考えると、ホームセンターよりもお近くの専門店または金物屋さんで購入するのをオススメします。

ちなみに私はコチラで購入をしています。アフターケアがほんまに丁寧で優しく対応してくれます。

→「山の機械屋さん」土佐商行さん

またチェンソーを検討中の方はこちらの記事も参考にどうぞ

実際に2000時間を超えたチェンソーの姿がコレだ!

2年半超えて、まだまだ修理しながら、現役バリバリ続行中です。

購入した頃の姿は見る影ありませんが、これくらいクタクタになったチェンソーには、まるで何年も育てたデニムのように情が出てきていいんですよね。

過去の仕事が、刻み込まれている

チェンソーは消耗品、まず修理して、経年で性能が落ちれば買い替えています。

修理額が10万円近くなる故障は買い替えのサインだと思ってやりくりしています。

これから購入しようかなと検討されている方の参考になれたら幸いです。

次回は、決して安くはないよね、チェンソーの価格についてお話します。


この記事がよかったら
“いいね!”してもらえると嬉しいです
四辻木材の最新情報をお届けします

Twitterでもつぶやいています!

四辻木材のTwitterをはじめました

キコリはどうやってお金を稼ぐの?私たちの3つのサービスを説明します!

弊社の3つのサービスをご説明します!

「山の木を買い取ります」と聞くけれど、どうやって見積もっているの?解説します!

弊社では山の木をどうやって見積もっているのか解説します!

四辻木材の事例紹介ページです

四辻木材の施業事例をまとめました。山林の調査から木の伐採、搬出まで行います。

【エリア限定】こんもりしたお庭の木を、日当たり良く“スッキリ!”しませんか?

【出張エリア限定】お庭や敷地内の危険木・支障木でお困りの方はご相談ください。

【100%京都・京北産】薪ストーブ用の薪が販売開始!木材市場の新サービスを紹介

【木材市場の新サービスを紹介!】薪ストーブ用の薪についてはこちら

プロフィール

四辻 誠悟プロフィール

四辻木材 四辻 誠悟
祖父の代から京都で林業を営んでいます。
プロフィール全文はこちらからどうぞ

最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • Facebookもやっています

    Twitterはじめました

    四辻木材のYouTube